【どこがいいんだ】ぼくが選んだマッチング重視のおすすめ転職サイト

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email

こんにちは、今回は登録すべきおすすめ転職サイトの選び方を書いてみようと思います。

想定している読者は第二新卒、年功序列にうんざりしている、新しい物好き、市場価値の高い人間になりたいと思っている20代から30代前半

リクナビやマイナビにコレジャナイ感を抱いているし、転職サイトのスカウトもテンプレ一括配信メールに感じている方です。

それでは見ていきましょう!

 

転職サイト、違うそれじゃない

皆さんは転職サイトを使われるときに、何から登録しますか?リクナビ、マイナビ、エン転職などでしょうか。

でも大手の転職サイトは数が多く、正直コレジャナイ感ってありませんか?掲載トップには明らかにノルマ厳しそうな求人だったり、「やる気とお金ガッポリ」みたいな求人をみて、違うそれじゃないって思っていました。

こうしたことにより、大手転職サイトはブラックぽい(20代第二新卒にマッチしない古い慣習的な会社)が多いと言われることにもつながっているように思います。

 

大手転職サイトの利点と課題

大手転職サイトのメリットはなんと言ってもその登録会社数の多さです。地方も含めれば、ほぼ求人を出している会社は登録してるんじゃないか?と思えるほどです。

実際、大手の転職サイトは広告費も莫大なので、求職者の登録者も半端ないものがあります。

しかし一方で課題なのは、会社と求職者のマッチングの質が低いんじゃないのかということです。これはすべて個人の主観ですが、利益至上主義になりすぎて「違うそれじゃない」的な求人がいつもトップに出てくる。

それによって、求職者は探す手間が増えています。しかもお金前提なので求人が一様に差がありすぎて、本当はいい会社なのに採用予算の関係でテキストだけで下の方に埋もれていることも少なくありません

求職者とすれば、そういう「いい会社」を広く検討したいのになかなか探し出すことができないのが現状です。

 

Wantedly爆誕

 シゴトとは、本来自分の夢ややりたいことを成し遂げるために、全力かつワクワクして取り組むべきことのはずです。

Wantedlyより

そこで登場したのがWantedlyであります。結論から言うともう転職活動はWantedlyだけでいいんじゃん?と個人的に思っています。

Wantedlyは上記の課題をすべてとは言わないまでも結構カバーできているかなと思います。

 

Wantedlyのいいところ

  • 広告をほぼ出していない
  • 採用にお金があまりかからない
  • 採用担当者と社員めっちゃ頑張ってる
  • やりがいや価値観でマッチングしやすい
  • 若い企業が多い

順に見てみましょう。

まず、Wantedlyは広告をほぼ出していません。アフィリエイト関係の広告がほぼないので無理な押しがネットにほぼありません

またwantedlyは費用を押さえて求人を出せる代わりに、ストーリーや求人票をめっちゃ頑張って作らないといけません。社員に取材などその会社の雰囲気がわかる仕様になっています。

それゆえ、一緒に働く人との価値観のマッチングを重視しているので、入社後も「うわ、息苦しい」って思うことが少ないように思います。

やはり、働くというのは常に一緒にいるメンバーと価値観が合っていることが大事だと思います。居心地を良くなり、結果的に長期的に働け、スキルも身につくと思います。

それが条件・スキル面だけにフォーカスすると、結局切った貼ったの一時的な関係になりづらいのかなと思います。

また、若い能動的な人が多いというのも魅力ですね。こうした求人の仕方なので実際年功序列型の企業だと難しいと思われ、自動フィルタリングされていきます。特に今回念頭に置いているZ世代の第2新卒あたりはきっと親和性が高いように感じます。

 

やや採用されやすい気がする

また、大手転職サイトに比べて約100分の1の費用で採用ができてしまうので、会ってもくれやすいです。

他の媒体、エージェントだと100万円以上は一人にかかりますが、数万で採用できるなら少し決済心理も下がる気がします。10人採用となれば1000万ですが、50万で済むならハードルは少し下がりますよね。

スキル的にはやや足りないが、ビジョンや価値観、ポテンシャル的には採用レベルに達するとなったときに後押しレベルできいてくるポイントだとは思います。その他使い方などはこちらをどうぞ。

【返信が来ないんだけど!】Wantedly初心者の使い方とよくある質問をまとめてみた

 

なぜこんなこと知ってるの?

なぜこんなこと知ってるかと言うと、ネットでこういったことを就活中に調べているからです。特に人事や採用担当者向けのメディアやnoteはよく見ています。日本の人事部なんかは面白いですよ。

『日本の人事部』 – HRで会社を伸ばす

そこには採用する方法や求人媒体の選び方などが載っています。みなさんもぜひ採用担当になった気持ちで「Wantedly 費用」とかで検索してみてください。

ぼくがこうしたことを調べる理由は、そこから応募企業の思惑が見えてくるからです。どういった意図で、どういった人を求めているから求人媒体に〇〇を選んでいるのかを知れば、その社風やマッチングを推し量ることができます

以下は完全な経験則からの憶測ですが、参考程度に媒体の印象を書いておきます。

媒体印象
大手系(リクナビ系)とにかく数
専門系(Greenなど)スキル重視
カジュアルマッチ系(Wantedlyなど)ビジョンや価値観重視

専門系も実際最低限のスキル+価値観でマッチングすれば採用候補になることもあるので、ぼくが転職活動するときは一緒に併用していますね。

 

ぼく流「自分のための超ホワイト会社」のガチ見分け方

 

現状は大手系は10年くらい変わっていない印象があります。広告バンバン→就活フェアからの大量スカウトみたいな感じですね。

いっときはFacebookからの就活も流行りましたが、今はほぼタイムラインが過疎っていたり、アクティブにすらなっていないので、DMとかは使えそうかなと思っています。

今後はLinkedInYOUTRUSTみたいなサービスが日本でも流行っていくといいですね。

日本のキャリアSNS「YOUTRUST」が累計ユーザー数5万人を突破

 

安定性は保証しきれない

以上どうだったでしょうか。ぼくは実際、これまで3回位転職活動をしましたが、結局wantedlyしか使わなくなりました。詳細はこちら(リンク)で書いてますが、ぼくはwantedlyを媒体として採用している企業と親和性が高いと思ったからです。

なので、すべての人が合うとは思っていません。やはりスタートアップが多いので安定性は保証しきれません。5年や10年で何百社と潰れるので。でもぼくはそっちのほうが働きやすい+速攻で実践スキル身につけたいから選択しているのです。

 

安定した会社に行きたい場合

もし、安定をマストで選択する場合は創業から長めの企業を選択する方が良いです。そうした企業は大手系が多いのでマッチングしやすいかなと感じます。実際ぼくが新卒の頃はdodaなどを使って転職活動をしましたが、「あ、潰れない気がする」って感じのどっしり感を感じました。

ぜひ、自分にあっている会社はなにかをよく自己分析して、転職サイト選びをしてみてください。その際は以下を参考にしてみてください。

 

【ガチ】向いてる職業がわからなすぎて受けたテストと自己分析

 

【少しの興味】仕事とかやりたいことの見つけ方

 

最後に

以上がぼくが個人的に第二新卒や20代-30代の方にあっている転職サイトについてでした。もちろん、Wantedlyも完璧ではないので、個人的にブラックぽい企業が散見されることも否定しません。

ぜひいろんな企業を見て、聞いて、自分流の「コレジャナイ」の精度を高めていってほしいなと思います。ちなみにぼくは「コレジャナイ」精度を高めるにあたって、以下のようにやっているので参考になれば嬉しいです。

ぼく流「自分のための超ホワイト会社」のガチ見分け方

以上です。

 

コラム:ビジネス特化型SNSの課題

コラム的にFacebookやLinkedInを始めとするビジネス特化型SNSが日本で普及しないのはなぜなのか考えてみました。

それは、ビジネスでSNS上で自分をブランディングするということに慣れていない人が多いからなのではないでしょうか。

履歴書に箇条書きで事実だけを書くのはとても簡単です。しかしこうした媒体では「どう書いたらいいか」わからない。どう書いたら「いい人材」に見せられるかわからない

そうした人が多いのではないでしょうか。それは求職者だけでなく、採用担当者も同じ気持ちなのではないでしょうか?

現状の国内SNSは、どうも「発信したら負け、恥さらし」みたいな雰囲気を感じています。不正解をツイートしたら一気にクソリプが舞い込んできて、もう無理ってなってしまい7割くらいが情報収集専用(ROM専)でしか使わない。

そうした現状があるからこそ、更にビジネスでSNSとか恐怖でしかない方も多いんじゃないのかなと感じました。

今後は副業とまでは行かなくても、自分で発信するのが当たり前の世の中になれば、検索でヒットする情報ももっと確からしいいいものが増え、さらに自分の市場価値も複合的に高まる世の中になるといいなと思いました。

 

コラム:AIマッチング系の転職サービスの課題

更にいまだと、キャリトレやキャリオク、GLITなどのAIを謳ったマッチングサービスも登場してきました。個人的にはこの「マッチング」の質はあまり高くないかなと感じています。

というのも、結局「キーワード」マッチングであり、「文脈」マッチングではないからです。現在の機械学習の精度だと日本語の文脈から機械学習して、潜在的な能力やスキルまでは抽出できません。「この人はこんな能力に長けてそう」という人間だから理解できる部分までの精度はないのです。

いわゆるキーワードタグのマッチングなので、オファーの質も課題が残ります。レジュメ上は一番経歴が長い法人営業ばかりが、AIによって抽出され、「営業」のオファーばかり来てしまう。

実は求職者も自分の持っているスキルがどこで活かせるのかは明確にわかっていないことも多いので、与えられたキーワードだけの提示だと、逆に選択肢が狭まってしまう気もしています。

これによって双方にとって良いマッチングになっていないように思うのです。企業側は「時代の波にのって課題解決ができる」人材がほしい場合、それはどんなキーワードで検索すればマッチするのでしょうか。

一方で、求職者は「チームでこういったことをやりました。工夫したことはこれです」というのをどういったキーワードで表現すればいいでしょうか。

現状ではまだまだAIマッチングに課題は残るものの、今後データの蓄積からより精度の良い+柔軟に潜在的な能力まで推し量れる様になるといいなと思いました。

以上です。

 

【関連記事】

【返信が来ないんだけど!】Wantedly初心者の使い方とよくある質問をまとめてみた

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
スポンサーリンク