【ガチ】向いてる職業がわからなすぎて受けたテストと自己分析

Share

今回は、実際にぼくが就職活動中に向いてる働き方、職業がわからなすぎて受けたテストと自己分析について書こうと思います。

多くの人が自分らしく、生きてて働いてて憂鬱じゃない、楽しいって思いたいと思うんですけど、なかなか難しいですよね。その要因は、企業側の条件だけでなく自己理解が足りていない事によるミスマッチもあるんじゃないかなと思います。実際ぼくもそうでした。

もちろん地方だと選択肢が狭いので、なくなく環境を選択されている方もいると思いますが、今はインターネット社会なので場所にとらわれない職業が選択できつつあります。そうした点も含めて本サイトでは紹介できたらいいなと思っています。

いわゆる「適職診断」で検索して出てくるテンプレテストを受けても、いまいちしっくりこない方、「自分はどんな人間で、今後どう働いていったら満足度が高くなれるのか」と迷っている方の参考になればいいなと思います。

 

自分らしく働くということと職業は別

最初に、自分らしく働くのと職業選択は分けたほうがいいと思っています。というのも中身は別だからです。

  • 自己分析 → 自分らしさという自己理解を深める
  • 職業選択 → スキル面の価値提供と興味のマッチング

以上のような状況であり、自分らしく働ける=職業ではないのです。自分らしく働ける環境と自分のスキル、この両面で自分の満足のいく働き方を選択していく必要があります。そして前者は根本となる生き方で、後者は時代とともに柔軟に変化していくものです。

例えば、倫理的な思考が好きは自分の持っているものですが、時代に伴って職業の需要や定義は変わっていきます。営業もフィールドセールス、インサイドセールス、カスタマーサクセスなど営業だけど、時代とともにどんどん求められるスキルや範囲が変わっていくものです。

個人的には自己理解をしっかりすることが今後の職業選択、スキルアップにも応用が効くと思います。

 

どんな働き方があっているのか

前回ぼくはホワイト企業求人の見分け方を紹介した中で、「自分にとってどんな働き方があっていて、どんな仕事が向いているのか」を自己分析しまくるのがとても大事と書きました。

ぼく流「自分のための超ホワイト会社」のガチ見分け方

なぜなら、ホワイトやブラックの定義はとても曖昧なのです。最低法令遵守している企業であればみんなハッピーというわけではないでしょう。というか法律遵守は守って当たり前なので、それが守られてこなかった今までが異常すぎるのです。

ぼくはこれまで働いてきた中で、大企業は条件面ではホワイトだったのに心身ともに疲れて辞めた経験があります。

僕が大企業超絶ホワイト商社を辞めた理由

そこで自分にあった働き方、一緒に働くひとの価値観、商慣習、生活習慣、興味なども自分にあった働き方を知る上でとても重要なのだとわかりました。こうしたものは、簡単に変えられるものではなく、すでに自分の中に現在しているものです。

以降では適職診断テストを使いながら「自分の傾向」を探っていきますが、テストの結果は正直どうでもいいことを声を大にして言いたいです。結果よりも、テストの経過で感じる気づきをメモすることを大切にしてください。

 

適職・性格診断がわかりにくい理由

適職診断テストって5択・長文・同じようなことをニュアンス変えて質問してその都度頭が混乱しますよね。それって、実は正確に答えようとしているからなんです。その質問一言一句違わぬ回答をしようとしてはいないでしょうか。それによって△が増えて結果なんだかわからないまま終わって、「適職」がわからなくなります。

こうしたのは、受験戦争を勝ち抜いてきた人やまじめな人はこうした傾向が強いんじゃないかなと思います。その傾向は「適職診断」では役に立ちません。かえって邪魔になるので「正解」を見つけるのではなく、「自分の現実」を回答せねばなりません。

あなたは性格が顔に出るタイプですか?とかは正直微妙な事が多かったりします。顔に出てるか出てないかと逐一判断してないですし、場合によるでしょう。一方で「無駄とわかれば上司に相談しますか」という質問があれば即Yesですね。これも人によっては場合によるかもしれませんが、こうした即Yes、Noが価値があると思います。

 

適職・性格診断の最強の受け方

 

最強のYes

これは筆者が思った1番いい受け方だなと思った技なんですが、質問欄で読んで即「はい」と判断できる質問だけが適職診断では価値があります。それをメモして書き出すのです。そうすると△や×は価値がないので捨ててしまっていいです。結果の棒グラフも惑わせるだけなので捨てます。そうすると本当に向いている傾向が判明します。

 

性格上のできることは無視

中には、「嫌いだけどできること」などもあるでしょう。マニュアルに沿ってやるとか細かいのをやるとかです。これって仕事をしていると当たり前に出てきますが、好きではないけどできるじゃないですか。個人的にはこういったものは性格傾向を知る上ではどうでもいい部類だと思います。少なくともできれば「普通または△」で飛ばしていいです。(現実的な職業を選ぶ段階ではもっと仕事面でのできることに注目する必要がありますが、性格上のできるは無視していいかなと思っています。)

 

無反応と強反応に注目すべし

注目すべきは

  1. 絶対できないこと
  2. 一回も実際やったことがないこと
  3. 超絶好きで実践してしまうこと

なのです。興味はあるし、一般的な倫理観からやったほうがいいのは知ってるけど、実際にやったことがないことはNo連打でいいです。それも△とする必要はありません。むしろ重要です。子供は好きだけど、実際に喋るのは苦手だったりそうした場所にはほとんど行かないなどは「現実にフォーカス」するのが大事なのです。

これによって、自分の現実の傾向が判明します。

 

やばくない適職診断

登録不要で、すぐできる無料のテストを紹介します。地味めなのが多いですけど、実際やって効果があったので紹介します。ちなみに紹介しても一ミリもぼくには収益が発生しません。

 

16personalities

これはぼくの友人から教えてもらったテストなんですが、結構あたってるかもと思えるテストでした。何より最後の結果に表示されるデザインがいい。

やっぱりデザインに統一性のあるサービスは好きですね。

ぼくはこんな結果に

建築家には興味がないですが、性格はあたっていました。『正しい心構えを持てば、必ず目標達成できる』という考えは強く思っていて、戦略を立てて実行すれば大抵のことは結果が出せると思っています。

 

どこより正確な職業適性診断(地味)

上記の方法でやるにしても5択とかは判断が難しくなり「ややはい」とか「ややいいえ」とかめんどくさいことが多いので「2択・簡単・文言が現実的」なのもおすすめです。難しい質問だとその言葉を眺めてゲシュタルト崩壊してしまうので意味がありません。

また、ネットで出てくる適職診断サイトはどこもかしこも傾向しか教えてくれません。傾向だけだと具体的な仕事がわからないので参考にならないのです。 そして僕が以上を踏まえていいなと思った「適職診断サイト」はこちらです。

量もほどほどでなにより、質問がわかりやすい。片手間でできます。また最後にちゃんと職業一覧を出してくれるの好きです。

ちなみに、ソングライター以外はこれまで確かにやったことがあるもので、仕事でもストレスのないものでした。笑。

 

ホランド理論(地味)

続いて、今度は向いていない方向からアプローチをかけてみます。向いていない職業についてはどこのサイトも提示してくれません。そうすると比較ができないので、強い動機が生まれません。向いていない職業についても判断するためホランド理論を利用した診断もおすすめします。僕が以前ハローワークと提携している職業相談で利用したものはホランド理論を利用した診断テストでした。

ホランド理論では、あなた、つまり働く人のパーソナリティ(性格)の特徴を次の6つの「典型的なパターン」に分類しています。

・現実的 (Realistic)
・研究的 (Investigative)
・芸術的 (Artistic)
・社会的 (Social)
・企業的 (Enterprising)
・慣習的 (Conventional)

上記のパターンのことを「パーソナリティタイプ」と呼びます。ホランドが開発したことから「ホランドタイプ」とも呼ばれます。

引用元:https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0806/23/news119.html

これがなかなかいい。こちらで自己診断できます。こちらを受けるときも、先ほどと同じように強く惹かれるものだけ「はい」とすることをお勧めします。

優等生タイプはどれも「ハイ」となってしまいがちですが、それは嘘です。頭が正解をだしているだけなので、本当にそうだ!と思うこと、毎日思っていること、そして今の現実で考えてテストを受けてみてください。(すっごい地味で、やや手間は仕方なしということでお願いします。)

 

ぼくの場合

ぼくが受けた結果は、現実・研究・芸術型で、社交性・組織運営・慣習はほぼ低いという感じでした。見事に前職が向いていない職業に位置しました。マジか。でもこれによってわかったのは僕が本当に向いている職業です。今はベンチャー企業で働いていますがとてもいきいきと働けています。ぼくが新卒のときは社交性・組織運営・慣習というものが「大切」とは思っていました。しかし現実にフォーカスすると全然やっていなかった。しようと思っていたけど全然できなかった。だから新卒の時ミスマッチを起こしてしまったのだと思います。

ただ新卒の時を振り返ると、できないとわかっていたから挑戦したというのも否定できません。できなかったからやるというのもとても大切です。ぼくの場合はそこも含めて研究や興味関心が強すぎるのかもしれません。実践してみないとわからないからやってみる。自分の人生すらただの実験体なのかもしれません。

頭ではわかっているけどできないこと。世間一般的にはそれを選んだほうが褒められることに引っ張られてはいませんか?強くYesしたものはなんでしたか。そこに本当の自分があるのではないかなと思います。

 

 

自分を知ることは入りたい企業を知ること

以上いかがだったでしょうか。自分の傾向を知ることはできたでしょうか。自分の傾向を知ることが大事なのは、一緒に働きたい人がわかるということでもあります。自分と似ている価値観や生活をしている人といるとストレスも少ないですし、コミュニケーションも取りやすくなります。

そして、これは経営者選びでも役立ちます。企業はなんだかんだ経営者がすべての方針を決めますし、業績も左右します。経営者に対して少しその働き方や考え方が合わないとなれば、そこで働いている従業員も似ている価値観の場合があります。

またこれがわかると企業の規模感でも向いている規模がわかったりします。ぜひ自分の傾向がわかった方はこちらも確認してみてください。

大企業、中小企業、ベンチャー企業ホワイト率が高いのはどこよ

 

自分に向いている職業を選択する

そしてついに現実的な「自分に向いている職業」を選択し、邁進していくわけですが、これもまた書くことがたくさんあるので別に切り分けます。次回の更新をお待ち下さい!

 

価値観は変わっていく

以上自分を知る手助けになれば嬉しいです。最後に知っていてほしいのは価値観も時間とともに変わっていくということです。昔の価値観も経験とともに価値観がわかっていけるのです。

自分はじっくり仕事をしたいと思ってたけど、案外せっかちになってきたかもという経験はありませんか?それは自分の仕事レベルが上って価値観が変化したということです。

なので、転職の際は必ず自己分析をしましょう。今の自分は昔の自分とは全く同じではないのですから。TEDで同様のことを言っています。以下動画をぜひ見てみてください。

もしTEDを知らない方がいれば今後ぜひ自分で調べてみてみてください。怪しい商材とかではないですよ!世界最高峰のスピーチが見れるサービスです。気になる方はこちらもどうぞ。英語のものが大半ですが、日本語字幕が結構ついていておすすめです。もちろん登録不要で無料。しかも広告無し。神ゴッド。

 

 

もし読書が好きな方であれば以下がおすすめです。

何度も紹介している本書ですが、とても現実的な適職選びのヒントを教えてくれます。

以上参考になれば嬉しいです。


Share
スポンサーリンク